専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

敏感肌の人はスキンケアを怠らないで!正しい手入れの知識

敏感肌の人の中には、化粧品等から刺激を受け、赤くなったりかぶれたりしたという経験から、スキンケア用品に対しても、少し臆病になってしまっている人も多くいるのではないでしょうか。


確かに敏感肌の人にとって、自分に合ったスキンケア化粧品を見つけることは、非常に難しいことなのかもしれません。スキンケア化粧品は、直接、肌につけるものですから、合わないものを使っていると、特に、重大な肌トラブルを起こしやすく、慎重になるのも無理からぬことではあります。


ただ、敏感肌の人は、自前のバリア機能が低下している状態にあります。そのため、スキンケアに力を入れ、自分の回復力では補えない部分をフォローしてやる必要があるのです。


敏感肌の人にとって自分に合ったスキンケア化粧品と出会い、正しいスキンケア方法を行うことは、美しい肌を手に入れるために、必要不可欠なことであるといえるでしょう。


これで万全!敏感肌の正しいスキンケア方法

それでは具体的に、敏感肌の人のスキンケア方法とは、どのようなものなのでしょうか。まずスキンケアは大きく分けて、3段階に分類することができます。

それは、洗う、潤す、守るという3つの作用です。

敏感肌の人にとって、それぞれの段階でポイントとなる点を見ていきましょう。

敏感肌の正しいスキンケア

① 洗う

スキンケアのスタートは、メイクや汚れを落とすところから始まります。敏感肌の人にとって、この過程は適切に行わないと、非常に大きなストレスを肌に与える可能性があります。


クレンジング剤の成分が刺激になるのはもちろんのこと、場合によっては、ただぬるま湯で洗い流すだけでも、大きなダメージを与えてしまいかねないからです。洗うときのポイントとしては、「擦らず、すばやく、丁寧に」という点です。

メイクなどが残ってしまうと肌荒れの原因になるから、と力いっぱい洗顔してしまうと、角層を傷つけ、かえって、肌トラブルの原因になりかねません。


また、時間をかけて洗うことも避ける必要があります。それでいて、隅々まで丁寧に洗い落とさなければなりませんので、敏感肌の人にとって、洗うというスキンケアは、細心の注意が必要な難易度の高いパートとなります。

② 潤す

洗う段階が終われば、次は潤すというスキンケアが必須です。潤す際の最重要ポイントは、洗い終わってからできるだけ早く潤す作業をスタートするということです。特にお風呂上がりは、髪を乾かしたり、湯船の後始末をしたりと気ぜわしいものですが、何をおいてもまず、肌の保湿を行うように習慣づけなければなりません。


また、敏感肌のスキンケアの根幹は、いかに肌の水分保有量を高めるかにある、といっても過言ではありません。できれば、敏感肌用に特化した保湿力の高いスキンケア製品を選ぶことで、肌にたくさんの潤いを与えるよう、努力したいものですね。

③ 守る

保湿が終われば、スキンケアは終わり、というイメージが強いですが、肌を守るということもスキンケアにとっては、最重要課題の一つです。紫外線やその他の外部刺激から肌を守るため、UVカット用クリームや、日中用の保湿クリームなどを上手に取り入れてみましょう。


せっかく、しっかりと保湿しても、それを逃がしてしまっては、ここまでのスキンケアのステップが台無しです。敏感肌のスキンケアは、守るという最後の段階まで、気を抜かないことが肝心ですね。

専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら