専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

敏感肌の人こそ、紫外線対策を忘れずに!

敏感肌の紫外線対策

最近はオゾン層の破壊等、環境問題の影響もあり、紫外線の害について一般的にもよく知られるようになってきました。現代に生きる私たちにとって、紫外線対策は、決して避けては通れない重要な問題であるということができるでしょう。


紫外線を浴びると、シミやしわといった肌老化の原因になるだけでなく、皮膚がんなどを発症するリスクも高まってしまうといわれています。特に敏感肌の人にとっては、紫外線対策は、より大切な意味を持っています。


というのも敏感肌の人は、バリア機能が落ちているといわれ、外からの刺激を受けやすい状態にあるといわれているからです。自前のバリア機能が落ちているということは、普通肌の人以上に、紫外線の害を受けやすくなっている、ということに他ならないのです。


敏感肌の人は、紫外線吸収剤に要注意!

それでは、強いUVカット効果のある日焼け止めを塗れば良いのかというと、そう簡単に済む話ではありません。敏感肌の人にとって日焼け止めを使うことは、それ自体が肌トラブルを引き起こす危険性をはらんでいるといえるからです。


日焼け止めを長時間利用していると、肌が極端に乾燥してしまったり、吹き出物ができてしまったという人も少なくないでしょう。また、日焼け止めを落とす際に、クレンジング剤を使い、それにかぶれてしまったという経験がある人もいるのではないでしょうか。


それでは敏感肌の人は、どのような日焼け止めを選べばよいのでしょうか。一つのわかりやすい目安となるのは、紫外線吸収剤というものを使っているかどうかという点です。紫外線吸収剤は本来、生体には自然に存在しない有機化合物です。そのため敏感肌の人にとっては、この紫外線吸収剤が刺激になり、肌荒れの原因となっていることが多くあります。


また、紫外線吸収剤を取るためには、強いクレンジングが必要になることが多く、それが刺激になることも少なくありません。日焼け止めを選ぶときには、「紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」といった表示があるものにすると良いでしょう。


また、紫外線散乱剤を使ったものもおすすめです。敏感肌の人は低刺激のものを使いながら、帽子や日傘、UVカットガラスなどを併用することで、より確実な紫外線対策をとることができるのではないでしょうか。


また、夏だけでなく、それ以外の季節も、紫外線対策は必要です。曇りの日だからといって気を抜いていると、あっという間に肌はダメージを受けてしまいます。一日のうちに何度も塗り直しするということも、決して忘れないようにしましょうね。


専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら