専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

敏感肌にパッチテストは必要不可欠!

パッチテストという言葉、耳にしたことがありますよね。聞いたことはあるけれど実際に行ったことはないという人、意外と多いのではないでしょうか。今までに化粧品などで、肌に異常を感じたことがある人であっても、パッチテストと聞くと、面倒な気がして、ついついそのまま使ってしまっているというケースがほとんどなのかもしれません。


けれども、化粧品が合わずアレルギー反応を起こすと、かゆみ赤みだけなく、かぶれ湿疹を引き起こすことも考えられます。特に敏感肌の人は、一度肌がトラブル状態に陥ると、なかなか元に戻ってはくれません。過去に一度でも、化粧品で肌に違和感を感じたことのある人が新しい化粧品を使ってみる場合には、必ずパッチテストを行うようにしましょう。


また今までにトラブルを起こしたことがない場合でも油断してはいけません。肌の状態は、年齢や体調などにも大きく左右されるものです。美白など強い効果がある医薬部外品等を使う際には、できるだけパッチテストを怠らないようにしましょうね。

パッチテストの正しい方法

それでは、具体的にパッチテストのやり方を説明しましょう。正式に行う場合には、病院などで専用のキットを使わなければなりませんが、ここでは、家でも簡単にできる、簡易的なパッチテストの方法を紹介します。

ステップ1

まず、初めに、試したい化粧品を身体の柔らかい場所につけます。二の腕の内側や内ももなどがオススメですね。化粧水など、すぐに落ちてしまいやすい場合は、ガーゼに染み込ませて張り付けたり、絆創膏に含んでつけておくとよいでしょう。

ステップ2

そのまま24時間放置します。お風呂などで流れてしまうといけませんので、入浴後に行うといいですね。

ステップ3

24時間後、試した部位をよく観察します。赤くなったり、かゆくなったり、といった変化がないか、よく確認しましょう。念のため、もう1日経過を見て、それでも異常がないかどうか、しっかりとチェックします。


このようにパッチテストは、特に難しい作業が必要なわけではありません。ただ、2日間ほどの時間がかかります。新しい化粧品を早く使いたい女心はとてもよくわかりますが、そこは、お肌のために、グッと我慢しましょうね。


まれに、パッチテストでは大丈夫だったのに、お肌に塗るとトラブルが発生したというケースもあります。このパッチテストはあくまでも簡易の方法ですので、よく化粧品で肌トラブルを起こす人は、テストの結果に問題がない場合でも、念のため、顔の周りや首などで、試してから使うようにするとよいでしょう。アレルギー反応を起こした場合は、病院で正式な検査をしてもらうことも大切ですよ。

専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら