専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

エアコンの冷暖房から敏感肌を守って!エアコンは肌を乾燥させる原因に!

冬になると手が荒れてボロボロになってしまうという人、いませんか。特に女性は水仕事をすることが多いですから、ただでさえ毎日手を酷使しています。


その上、冬には、インフルエンザノロウィルスの予防で、家でも職場でも、繰り返し手洗いが必須になってきますから、綺麗なままの手でいることは、到底不可能なことなのかもしれませんね。まして敏感肌の人は、もともと肌のバリア機能が弱いわけですから、ダメージは通常肌の人の何倍にもなってしまいます。


そのため、敏感肌の人の中には、冬だけではなく、年中手が荒れっぱなしの人も珍しくないのではないでしょうか。手荒れの原因は、セラミドの不足にあります。

セラミドが少なくなっている手は、水分を蓄えておくことができなくなってしまっています。そのため、手の表面は荒れ、あかぎれになったり、ひび割れになったりするわけです。そしてひどい場合には、手が大きくはれ上がったり、大きな水疱ができてしまったりもするのです。

どうすればいい?敏感肌の手荒れ対策

それでは、そうでなくても、もともと乾燥しやすい敏感肌の人は、どのようにして手荒れを防げばよいのでしょうか。

水仕事の際は手袋をつける

まず、水仕事をする際には、忘れず手袋をつけるようにしましょう。炊事の際に抵抗がある人のために、食品衛生法の基準を満たした、毎回使い捨ての手袋も発売されています。

手を洗った後はハンドクリームをつける

また、手を洗った後は面倒がらずに必ずハンドクリームを塗るようにしましょう。

手荒れの一番の原因は乾燥ですから、こまめに保湿することが何よりも効果的です。

べたつかないものや低刺激のものもありますので、敏感肌の人はそういったものを選ぶと良いでしょう。

石鹸をきちんと水で洗い流す

せっけんに含まれる石油系の合成界面活性剤は、汚れ落ちは抜群ですが、その分手への刺激も非常に強いものになっています。手を洗った後にも、ヌメヌメとした感触が残っている場合は、きちんとせっけんを洗い流すことができていない可能性が高いです。余計な刺激を手に残してしまわないよう、注意したいですね。就寝時にワセリンをたっぷりとつけサランラップ手袋で覆って眠ると、次の日には回復していることも多いでしょう。


手は毎日必ず使うものです。忙しさにかまけて一日ケアを怠ると、どんどん積み重なっていき、最後は皮膚科にかからなければならないほど、悪化してしまうことも少なくありません。敏感肌の人は、顔の手入れと同様、手も毎晩ケアをするという習慣を身に付けたいものですね。

専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら