専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

花粉でムズムズするのは鼻だけじゃなくて肌も!?敏感肌と花粉症

花粉症と敏感肌の関係

春が近づいてくると、心もウキウキしてきて、いろんなところにアクティブにお出かけしたくなりますよね。けれども最近、ある意味、日本の春の風物詩にもなりそうなのが、花粉症です。


毎年この時期になると、花粉症に悩まされている人も多いのではないでしょうか。花粉のせいでこの時期だけ敏感肌になってしまうという人も、もともと敏感肌である上に、花粉の時期には、さらに肌荒れがひどくなってしまうという人、本当に悩みが尽きませんよね。


そもそも花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が体内に入り、それに私たちの身体がアレルギー反応を起こしてしまうことにより、くしゃみや鼻水、涙などが出てしまう季節性のアレルギー鼻炎の一種です。これだけでも十分厄介な花粉症ですが、敏感肌の人にとって、それだけでは済みません。


こういった鼻や目の症状だけではなく、花粉が顔や身体などの皮膚に付くことによって、肌のかゆみ肌荒れといった、非常に辛い、肌の様々なアレルギー症状を引き起こしてしまうことがあるのです。敏感肌の人にとって、花粉症の季節のケアは、平穏な毎日を過ごすための死活問題と言っても過言ではないでしょう。

花粉症の季節!敏感肌のケア方法とは?

敏感肌に対する花粉症を予防するためには、マスクやメガネで、花粉を体内に入れない工夫をするだけでは足りません。何より、皮膚につかない努力をしなければならないのです。


とはいうものの、手や足は長袖長ズボンを履いて防ぐことができますが、顔は包帯をグルグル巻きにしておく、というわけにもいきませんよね。全く花粉を付着させないことが難しいのなら、付いたものを素早く落とすようにするしか、方法はありません。


そのためには、外から帰宅したらできるだけ早くメイクを落とし、洗顔するように習慣づけるのが一番です。敏感肌の人は、手洗いうがいに加えて、洗顔まで終わらせる、ということを毎日の目標に決めましょう。


洗顔の方法にも細心の注意が必要です。花粉をしっかり落とそうとするあまり、力ばかり強くするのは考えものです。手の力を強くするのではなく、洗顔料をしっかり泡立てる、隅々まできれいに洗い流す、といったことに神経を集中させましょう。


また、マスクをすることは、鼻の症状を抑えたり、肌が外気にさらされるエリアを狭めるためにも、有効なことだと思われます。ただ、マスクを毎日使い続けると、敏感肌の人の場合、それ自体の摩擦が肌への刺激となり、かぶれかゆみ湿疹の原因にもなりかねません。できるだけ肌触りの良いマスクを選び、帰宅後は、普段より一層入念に保湿ケアをしたいところです。

専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら