専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

ターンオーバーの乱れは、敏感肌の原因になる!

敏感肌の原因の一つに、ターンオーバーが正常に機能していない、というものが挙げられます。ターンオーバーとは、肌の生まれ変わりのこと。つまり、新陳代謝のことをいいます。


ここで少しターンオーバーについて簡単なイメージで説明してみましょう。私たちのお肌は、4つの層から成り立っています。そのうちの一番奥深いところにある基底層と呼ばれる場所で、私たちのお肌の細胞は生まれます。そして、そこで生まれた新しい細胞が、グイッと上の層に押しあがると、肌の一番表面、角層と呼ばれる層にあった細胞が、ところてん方式で、垢となって剥がれ落ちます。これが、ターンオーバーの仕組みです。


最も正常なターンオーバーは生理周期と同じ28日で繰り返されるといわれています。これが加齢やその他の原因により、極端に長くなったり短くなったりすると、肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

早くても遅くてもダメ!ターンオーバーを正常に保つ方法とは?!

肌のターンオーバーを正常に保つ方法 それでは、敏感肌をより美しい肌にするために、ターンオーバーを正常化する方法はあるのでしょうか。ターンオーバーにとって最も影響が大きいといわれているのが、毎日の生活習慣です。とりわけ睡眠食生活は、思いのほか重要であると考えられています。規則正しい睡眠時間とバランスの良い食事がホルモンのバランスを整え、安定した周期でのターンオーバーを後押ししてくれることでしょう。


また、紫外線によるターンオーバーの乱れも見過ごすことはできません。紫外線をたくさん浴びた肌は、何とかそのダメージを取り戻そうと、大急ぎでターンオーバーを行います。ターンオーバーが速いということは、肌が若々しい証拠、などと楽観視していると大変なことになります。大急ぎで作った細胞は、非常に粗雑なB級品です。B級品の細胞はすぐに剥がれ落ちてしまって、肌を乾燥させてしまいます。


かといって、きれいさっぱり垢となって剥がれ落ちるわけではなく、メラニンなどを残してしまい、シミの原因にもなるのです。このようなことから、紫外線のケアをしっかりと行うことは、ターンオーバーを正常化するために、非常に大切なことだと考えられているのです。逆に加齢などによって新陳代謝が悪くなり、ターンオーバーの周期が遅くなってしまうと、くすみの原因になってしまいます。


現実的な加齢は止めることはできませんが、喫煙を止める、運動を続ける、といった方法で、身体年齢を若く保つことはできるでしょう。そういった努力も、ターンオーバーを正常に保つためには、非常に意義のあることだといえるでしょう。

専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら