専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

知らぬ間に肌に付けていたかも…!?敏感肌に刺激を与える成分

敏感肌の人にとって、化粧品の成分表示は、とても重要なものです。買う前に必ず一度は目を通すという人がほとんどなのではないでしょうか。


ただ見てはみるものの、何に注目してよいかわからず、結局、「敏感肌にオススメ」「低刺激」といった謳い文句につられて買ってしまうという人も、決して少なくはないでしょう。そうして使い始めてはみたものの、やっぱりお肌に合わず、刺激となってしまい、もったいない思いをしたということも、敏感肌の人であれば、一度ならず経験していることと思います。


もちろん最終的には、サンプルや少量のものを購入してみて、きっちりとパッチテストをしなければ、分からないことではありますが、少しでも多くの情報を成分表示から読み取ることができれば、これほど頼もしいことはありませんよね。

そのためにも敏感肌さんにとって刺激となりうる成分をわかりやすくまとめて説明してみましょう。

化粧品を選ぶ時は絶対チェック!敏感肌に要注意の成分

敏感肌の人にとって刺激を与える成分は、場合によっては非常に大きなトラブルの原因となりかねません。またそうでなくても、長期間使い続けることによって、最悪の場合、肌だけでなく、健康を害するケースも考えられます。常に化粧品の成分表示には注意を払っておきたいものですね。


① 合成香料

合成香料にアレルギー反応を起こす敏感肌の人は、とても多いといわれています。

リラックス効果を狙ったり、もともとの臭いをごまかすために使われているケースも多くあります。無香料のものか、天然由来の香料を利用したものを選ぶようにしましょうね。

② 合成界面活性剤

界面活性剤にも、天然由来のものと、人工的に作られたものがあります。その中でも、石油系の合成界面活性剤は、汚れが落ちやすいため、クレンジングや洗顔料に頻繁に利用されています。ただ効果が強い分、刺激も強烈ですので、敏感肌の人にとっては、避けたい成分の一つですね。

③ 防腐剤・保存料

パラベンを代表とする防腐剤も、敏感肌の人に刺激を与えることが多い物質です。

フェノキシエタノール、ブチル、メチルといったものも防腐剤・保存料の仲間ですので、注意が必要です。逆に全く防腐剤が入っていない化粧品は、品質が劣化するのもあっという間です。鮮度が落ちた化粧品も非常に危険ですので、防腐剤が入っていない化粧品は、開封後すぐに使い切るよう、心掛けましょう。

④ 合成着色料

色を付けるメイクグッズには、必ずといっていいほど使われている合成着色料ですが、これも敏感肌の人にとっては厄介な物質です。全く使わずに化粧するのは難しいので、下地クリーム等で地肌をしっかりと保護してから使うようにし、直接肌に触れさせない工夫が必要です。

⑤ 紫外線吸収剤

紫外線から肌を守るはずの紫外線吸収剤も、敏感肌の人にとっては、刺激が強すぎる成分になっています。最近では、「ノンケミカル」と書かれたUVケア用品も増えてきています。また、紫外線散乱剤を用いたものも、低刺激で使えるでしょう。


この他にも、アルコールや、泡立ちの役割を補うトリエタノールアミンなども刺激の原因となる物質であるといわれています。

専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら