専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

敏感肌のための、肌に優しい洗顔方法

敏感肌の正しい洗顔方法

メイクをしない日があっても、洗顔をしない日はないですよね。洗顔は、毎日行うことだけに、やり方を間違えていると、肌に与える影響は甚大です。


また特に、敏感肌の人の場合、きちんと洗顔ができていないと、皮膚科系の疾病を招いてしまうことにもなりかねません。


角質層を傷つけずに上手に洗顔するコツは、「手で洗う」のではない、という意識を持つことです。こう聞くと驚いてしまう人も多いかもしれませんが、洗顔の際、直接手が顔にあたることはほとんどありません。


「泡で洗い、水で流す」という意識を持ち、極力、手を顔に触れさせずに洗うことが、敏感肌さんの洗顔方法のポイントだといえるのです。

これでバッチリ!敏感肌の正しい洗顔方法

それでは具体的に、敏感肌の洗顔方法について見ていきましょう。

洗顔の回数と時間は?

洗顔は朝、夕の2回までが基本です。時間はそれぞれ、1分から2分程度で済ませるように心掛けましょう。

step1 洗顔

洗顔の際に最も大切になってくるのは、洗顔料をどれだけ上手に泡立てられるか、という点です。もし苦手なようであれば100円ストアでも構いませんので、泡立てネットなどを購入してみるとよいでしょう。この泡を使って、汚れを取っていくことになります。手は決して肌に触れないように、泡をそっと顔に押していきます。手を使って擦り取るのは、言語道断です。あくまでも主役は「泡」であることを忘れないようにしましょうね。

step2 すすぎ

すすぎも同様に、手ではなく、たっぷりと汲み上げたぬるま湯を肌に当てるようにしなければなりません。お湯の温度は、30度前後が理想的です。冷たい水や熱すぎるお湯は、敏感肌を刺激してしまいますので、絶対に避けましょう。


ここで気をつけたいのが髪の毛の生え際です。女性の場合、髪の毛を濡らさないように…、という思いが強いため、ついつい生え際に泡と汚れを残してしまいがちです。これも重大な肌トラブルの原因になりますので、すすぎ残しが無いように、隅々まで洗っておくようにしましょう。

step3 拭き取り

ここまでで、つい安心してしまいますが、まだ気を抜いてはいけません。拭くときに、ゴワゴワのタオルを使っていては、せっかくソフトに洗い上げていても、全て台無しになってしまいます。生地の良い柔らかいタオルで、そっと押さえるように拭き取りましょう。

step4 保湿

そしてその後はすぐに保湿です。どれだけ丁寧に洗っても、洗顔後の乾燥を止めることはできません。30秒以内に化粧水や乳液で、肌のコンディションを整えられるようにしたいものですね。


専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら