専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

肌に優しい、肌を傷つけないクレンジング方法

敏感肌の人にとって、実は最も難しい化粧品が、クレンジングなのではないでしょうか。というのも、クレンジングは、しなくてもしすぎても、肌荒れの原因になりうるからです。


もともとメイクをするということは、肌の上に何らかの異物を重ねていっているということですから、敏感肌にとって決して良いものではありません。

かといって一日家で誰にも会わずに生活するのでなければ、最低限のメイクをしなければならないのは、大人の女性のマナーですよね。メイクを落とさないまま、うっかり一晩寝てしまうとどれほど恐ろしいことになるのか、ということは、経験済みの女性も多いことでしょう。


だからといってメイクをしっかり取ろうと、強いクレンジングでゴシゴシ擦ってしまっては、肌を守る大切な組織まで根こそぎ引っぺがしてしまうことになりかねません。敏感肌の人のクレンジングは、しなくても、逆にしすぎても、肌トラブルを引き起こしてしまうだけに、細心の注意が必要となってくるのです。


敏感肌のための正しいクレンジング方法

それでは実際には、どのようなことに注意してクレンジングを行えばよいのでしょうか。まず、クレンジングにかけてよい時間は、30秒以内です。30秒を超えると肌が刺激に耐えられなくなってしまいます。


さらに力は、圧力にして20g前後を目安にしましょう。そういわれても、どんな力なのかピンときませんよね。台所にあるスケールで一度測ってみるとよいでしょう。何も載せていないスケールに指を押し付けてみましょう。ほとんど力を入れていなくても、あっという間に20gを過ぎてしまうのではないでしょうか。驚くほどソフトな力加減ですよね。その感覚を指に覚え込ませてしまいましょう。


特に目元はメイクがしっかり施されているため、力を込めて擦りたくなりますが、最も肌が弱い場所でもあります。一番最後に、優しくスッと洗うよう心掛けましょうね。すすぎは、人肌程度のぬるま湯で行います。この時も擦りたくなる気持ちをぐっと我慢してくださいね。


敏感肌にピッタリ!おすすめのクレンジングの選び方

敏感肌の人はクレンジング選びにも、慎重にならなければなりません。特に拭き取りタイプのクレンジングは敏感肌に負担をかけてしまいます。できればオイルではなく、水性のものを選ぶようにするとよいでしょう。


一般的にジェルタイプの方がお肌に与えるストレスは少なくなるといわれています。きちんと取れて肌に良いものを探すようにしたいですね。


専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら