専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

敏感肌でも入浴の仕方で美肌になれる!敏感肌の正しい入浴方法

敏感肌の正しい入浴の仕方

入浴は、冷え症や生理不順の緩和、ダイエットやデトックスにも効果があり、女性の健康維持のために、とても大切な役割を果たします。湯治ができたり、美肌効果があるといわれる温泉も、日本には数多く存在しますよね。


ただ、敏感肌の人にとっては、入浴は決して嬉しい効果ばかりではありません。

入浴の仕方を誤ると、せっかく美肌を目指して頑張っているのに、全く逆効果になってしまうことも考えられます。

今回は入浴の場面別に、敏感肌の人の正しい入浴方法を紹介していきましょう。


敏感肌に適切なお風呂の温度、時間、成分は?

敏感肌の人が湯船に浸かるときの注意点は3つ。それは、「温度」「時間」「成分」です。


まず、温度についてですが、これは、通常の適温より少し低いかな、という程度がおすすめです。あまり高い温度のお湯に浸かってしまうと、肌に刺激を与えてしまうからです。37度から40度くらいまでのお湯がベストですね。


次に時間は、10分までを目安にしましょう。長い時間浸かっていると肌の水分がなくなってしまいますので、どんなに長くても15分を超えないように心掛けましょう。


最後に成分です。入浴剤や温泉の場合、それに含まれる成分がお肌に合わない、というケースが考えられます。温泉の場合は、入る前に禁忌などが書かれた効能書きをよく読んでおきたいものです。入浴剤も、天然素材を利用したり、保湿効果があるものを上手に取り入れていきましょう。

敏感肌の人が身体を洗う時の注意点、正しい体の洗い方

敏感肌の人は身体を洗うときにも、細やかな心配りが必要です。よくタオルやブラシでゴシゴシと肌をこすっている人を見かけますが、敏感肌にとっては、NGです。


力加減は、優しくソフトに、手を使って洗っていくのが正解ですね。ボディウォッシュは、成分に注意するのはもちろんのこと、よく泡立てて使わないと、どんなに高価なものを使用していても意味がありません。また、シャンプーやコンディショナーも刺激の少ないものを選び、すすぎ残しが身体に付いたままにならないよう、注意しなければなりませんね。

敏感肌の人は入浴後が勝負!入浴後すぐに保湿するクセを

LIONが行ったある調査では、20代から50代の女性1000人のうち、半数近くが、「乾燥が気になるタイミングは、入浴後である」と回答しました。

敏感肌にとって、乾燥は一番の大敵。入浴後も気を抜かず、ケアしたいところです。


皆さんは、お風呂を上がってから、保湿をするまでのタイムリミットはどれくらいか、知っていますか。30分?それとも15分?実は、何とたったの5分しかないのです。髪の毛をドライヤーで乾かした後で…、なんて思っていると、到底、間に合いません。タオルで拭いている間にも、私たちの大切なお肌がどんどん水分を失っていってしまいます。


敏感肌の人は、お風呂上がりと同時に保湿を始められるよう、あらかじめ準備万端で、入浴に臨みたいものですね。

専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら