専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

クレンジング、日焼け止めは敏感肌を悪化させる!?

敏感肌の人が注意すべき化粧品とは、どのようなものなのでしょうか。


まず化粧品の中で最も気をつけなければならないと考えられているのが、クレンジングです。クレンジングは、通常肌の人にとっても、化粧の過程で最も肌にストレスを与える行為だといわれています。特に、汚れをしっかり落とせるクレンジングほど、肌に強い刺激を与える可能性が高いので、選び方が難しいところですよね。敏感肌の人は、クレンジングに多く含まれている、合成界面活性剤という成分にアレルギー反応を起こす場合が多いようです。メイクをすればクレンジングをしないわけにはいきませんので、できるだけ低刺激の物で自分の肌に合ったものを探すようにしたいですね。


次に気をつけなければいけないのが、日焼け止めでしょう。敏感肌の人にとっては、強い味方になるはずの日焼け止めが注意すべき化粧品だといわれると、少し意外に感じるかもしれません。日焼け止めは、紫外線吸収剤を使っているものと、紫外線散乱剤を使っているものがあります。前者は、敏感肌の人にとっては、刺激となってしまいますので、できるだけ避けるように気をつけましょう。


ニセ「敏感肌用」にご注意!

敏感肌の人にとって意外と落とし穴になるのが、「敏感肌用」とされている化粧品です。最近は、「敏感肌でも使える」、あるいは、「敏感肌のための」というキャッチコピーが前面に押し出された、頼もしい化粧品も数多くラインナップされてきました。おかげで、敏感肌だというだけで化粧品が使えないという考え方は、もう昔のものになりました。


こんな化粧品が増えてくることは、敏感肌の人にとって本当に喜ばしいことですが、残念ながら全ての商品が決して肌トラブルを起こさないというわけではありません。


アレルギーテストが行われていても、ごくまれに、自分だけ、問題を起こしてしまう可能性も否定できません。また必要以上に「天然成分」等にこだわるあまり、精製が不十分で、不純物が混じってしまっているということも考えられます。


敏感肌の人が増えた分、それをターゲットにしているニセ「敏感肌用」化粧品が増えてきていることも、悲しいことながら、事実なのかもしれません。「敏感肌でも大丈夫」という言葉に安心して購入したのに、肌がきれいになるどころか、ボロボロになってしまったというのでは、元も子もありませんよね。


たとえ「敏感肌用」とされている化粧品であっても、パンフレットやメーカーサイトの説明等をよく読み、まずはサンプルから使用を始めてみるのが、上手な化粧品との付き合い方ということができるでしょう。「敏感肌用」という言葉だけでなく、信頼できるメーカーが、きちんと研究開発して作り上げた、本物の「敏感肌用」化粧品に出会えるといいですね。

専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら