専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

超敏感肌でも使えるものが良い?敏感肌用の化粧品選びは慎重に!

女性にとってコスメ選びは楽しい時間ですよね。雑誌の特集やウィンドウショッピングで新しいものを見つけると、何だか心もワクワクしてくるものです。


ただ、敏感肌の人の中には、お店で衝動買いした化粧品で痛い目にあってしまった、という笑えない体験を持つ人も、決して少なくないはずです。最近は敏感肌人口が増えたこともあり、「敏感肌用化粧品」と銘打たれたものも以前に比べると格段に種類が多くなってきました。


ただ、敏感肌といっても、人によってタイプは千差万別です。アレルギーテスト済みと書かれているからといって、必ずしも自分自身がトラブルなく使えるとは限りません。


敏感肌の人にとって、化粧品は選び方次第で薬にも毒にもなってしまいます。

敏感肌の人が化粧品を選ぶ時には、どのような点に注意すればよいのか、じっくりと確認していきましょう。



敏感肌に優しそうだからと言って「天然」「オーガニック」を過信しない!

天然、オーガニック化粧品は敏感肌に良い?

「天然成分配合」、「自然のやさしさ」、「ナチュラル」、「オーガニック」という言葉を聞くと、思わず手が伸びてしまう、という人は意外に多いものです。ただ、このように書かれていれば、全て敏感肌の人にも優しい成分ばかりか、と言うと、そう一筋縄ではいきません。


「天然」というと何だか聞こえはよいですが、実際には、精製度が低いだけで不純物だらけ、といったものも残念ながら化粧品市場には紛れ込んでしまっています。確かに、植物由来の成分などは、人工的につくられた物に比べて、安全性が高いのが一般的です。


ただ、食物アレルギーの人の中には、ごくありふれた、バナナやキウイ、モモなどといった果物にも、強い反応を示す場合があります。「自然そのまま」が、かえってお肌にはきつすぎることも考えられますので、注意が必要ですね。

敏感肌さんは、化粧品の「旧表示指定成分」を避けよう!

2001年、薬事法が改正され、化粧品は全ての成分を表示しなければならないことになりました。どんなものが入っているのか詳細にわかるようになったのですが、見慣れていない人にとっては、あまりにもたくさん羅列されていて、いったい何がどういった成分なのか、よく分からない、というのが正直なところなのかもしれません。


そんな人は、「旧表示指定成分」とよばれる成分に注目してみてはどうでしょうか。

旧表示指定成分とは、2001年以前から、表示が義務付けられていた、身体に害を与える可能性のある成分のことです。


香料やタール色素、界面活性剤、石油から作った合成化合物が、これにあたります。

これらは、自然にも私たちの身体にも存在しないものですので、肌に与える刺激も大きなものになります。敏感肌の人は、この旧表示指定成分無添加のものを選ぶようにするとよいでしょう。


敏感肌用化粧品とされるものは、これらの成分を使っていないか、使っていても少量に抑えられているものが多いようです。そのようなラインの中から、自分の敏感肌にピッタリの化粧品が見つけられるといいですね。

専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら