専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

今使っているスキンケア用品は本当に化粧品?それとも…

化粧品と医薬品と医薬部外品

ドラッグストアなどに立ち寄ってみると、同じようなスキンケア関係の商品であっても置かれている陳列棚が違っていたりして、少し戸惑った経験はありませんか。


この違いは、薬事法の分類によるものだったりします。スキンケアに用いられる製品は、薬事法という法律によって、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」に分けられています。手持ちのスキンケアグッズを見てみてください。


「化粧品」だと思っていても、裏を見ると「医薬部外品」という表示があったりして、驚いてしまいますね。この違いは、簡単に説明すると、効果の強さの違いです。


化粧品より医薬部外品の方が効果が強く、医薬品はさらに強い効果が望めます。効き目があるということは、とても嬉しいことなのですが、きつい成分が入っている場合が多く、特に敏感肌の人にとっては、その分、副作用も出やすくなってしまいます。


法律でも、そのあたりを考慮し、効果の強い医薬品ほど、厳格な基準が用いられています。



敏感肌なら絶対チェック!「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の違い

それでは、具体的に、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」について、詳しく見ていきましょう。

① 医薬品

いわゆるのことです。病気の治療や予防が目的となります。よく、テレビのコマーシャルなどで、「用法・容量を守ってお使いください」といったナレーションを耳にしたことがあるのではないでしょうか。


よく効く成分が配合されていますので、一日の摂取量の上限などをきっちりと守る必要があるため、このような説明がされているのです。そのため、医師や薬剤師の指導や説明に基づいてからしか、入手し使用することはできません。


敏感肌の人の中には、皮膚科の病院などで、アトピー性皮膚炎用の薬をもらったりした経験のある人も多いですよね。前回と同じ症状だから、と以前にもらった医薬品を気軽に使うのは、炎症等を悪化させることもあります。できるだけ、その都度専門家に相談するようにしましょう。

② 医薬部外品

医薬品ほど劇的な効果はないけれど、主に予防効果が期待できるものを医薬部外品と分類しています。


実は、美白化粧品や薬用せっけんなどは、ほとんどこの医薬部外品です。敏感肌の人がアレルギー反応を起こしやすいものは、「表示指定成分」として、表示が義務付けられていますが、通常の化粧品に比べると肌に刺激を与えやすいものが多いので、慎重に使いたいところです。

③ 化粧品

化粧品はこの3つの分類の中では、もっとも効果が緩いものです。化粧品の効力では、通常、例えばシミを隠すことはできても、シミを消すことはできません。そのため、化粧品なのに、「シミがなくなる」といった宣伝は、行ってはいけないことになっています。


薬事法の改正により、化粧品に関しては色々な成分が使えるようになった代わりに、使われている全成分の表示が義務付けられました。敏感肌の人はよくチェックして、肌トラブルを事前に防ぎましょうね。

専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら