専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

敏感肌の命綱!保湿ケアに注目

敏感肌の保湿ケア

敏感肌の人が最も力を入れなければいけないことは何か、と聞かれると、多くの専門家は、保湿ケアであると答えるのではないでしょうか。その理由は、敏感肌を引き起こすメカニズムにあります。


多くの場合敏感肌は、原因は違えども、角層の水分含有量が著しく低下することにより、引き起こされているものであるからです。とはいうものの、保湿が大切なのはわかっていても、具体的にどのようなケア方法をとれば、効率的に肌に水分を与えることができるのか分からないという人は、思いのほか多いものです。


今回は、朝、昼、夜といった時間帯別に、敏感肌の人にとって、正しい保湿ケアとは、どのようなものであるのかを考えていきたいと思います。



時間帯別!敏感肌の保湿ケア方法

① 朝の保湿ケア

まずは、朝の保湿ケアについてです。朝、起きてすぐは、咽が渇いていることが多いですよね。朝起きてすぐ飲む一杯の水は、身体の芯まで沁み渡ります。実は、起きてすぐの身体で渇いているのは、何も咽だけに限られたことではありません。


最近は、寝ている間中エアコンをつけていることも増え、肌も想像以上に乾燥していることが少なくないのです。ところが、朝は何かと忙しく、夜ほどじっくりと保湿ケアをしている時間がない、という人が多いものです。さっさと形式的に化粧水だけを塗り、すぐに化粧下地やUVケアを開始するというケースも日常茶飯事なのではないでしょうか。


本来、どんなに保湿効果の高いスキンケア製品であっても、浸透するためには、ある程度の時間と丁寧さが必要です。ほんの数分でもかまいませんので、保湿ケアのために少し早めに起き、自分の肌のために時間を費やしてやることで、10年後の肌年齢に大きな違いが出てくるかもしれませんよ。

② 日中の保湿ケア

日中も、エアコンの効いたオフィスや自宅などでは、敏感肌にとって過酷な状態が続くことになります。また、UVケアをしているとはいうものの、紫外線から受けるダメージも侮ることはできません。


できることなら昼も、仕事や家事の合間に、さっと保湿ケアができる化粧品を常に携帯しておきたいものです。ただ、日中はメイクをしていることもあり、満足な保湿ケアができないという人がほとんどかもしれません。


そういった場合でも、水分を多くとったり、昼食に食べるものを工夫することで、身体の内側から保湿ケアを行うことは十分に可能です。

③ 夜の保湿ケア

夜こそ、最も保湿に力を入れることができる時間です。一日中、渇ききっていたお肌に、たくさんの水分を補填してやりましょうね。


夜の保湿ケアのポイントは、ただ表面に塗るだけで満足していてはいけない、という点です。保湿ケアは、角層にまで届いてこそ、値打ちがあるものです。


肌の表面にだけにつけていても、長時間、潤いをキープすることはできません。角層の中にまで、きっちりと入り込むことができるスキンケア製品を探すことが、夜の保湿ケアを成功させる一番の秘訣であるといえるでしょう。

専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら