専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキングメインイメージ

敏感肌とは?!敏感肌のメカニズムを教えて!

敏感肌とはどんな肌?

最近、「敏感肌」という言葉をよく聞くようになりました。


今、これを読んでいる人の中にも、敏感肌に悩んでいる人や「もしかして自分は敏感肌なのかも」と疑っている人が多いのではないでしょうか。

ある化粧品メーカーの調査では、20代から30代の女性のうち、75%以上 が、敏感肌かそれに近い肌であると答えたという結果が出ました。


もともと、敏感肌というのは、正式な病名というわけではありません。

昔は、化粧品などに過敏に反応する肌のことを敏感肌と呼んでいましたが、近頃は、普通の人より刺激を受けやすい肌のことを「敏感肌」と総称するようになってきているようです。


敏感肌の人が肌トラブルを起こしやすい物の例としては、クレンジングや洗顔料、その他の化粧品、シャンプー、洗濯に使った洗剤、服の繊維、自分の髪の毛など、多岐に及びます。


また、同じ人であっても、生理サイクルの影響を受けやすく、生理の直前や生理中は、特に過敏になったり、肌荒れがひどいという人も少なくないようです。


敏感肌のメカニズムとは?原因は?どんな肌の事?

それでは敏感肌とは、肌がどのような状態になっていることをいうのでしょうか。

私たちの肌の最も表面部分には、角層と呼ばれるバリアがあります。通常、この角層が水分を保持し、肌を守ってくれているのです。


ところが、何らかの理由でこの角層が乱れてしまうと、肌を守る機能が低下してしまい、外からの刺激をバリアすることができなくなってしまい、トラブルを引き起こしてしまいます。これが敏感肌と呼ばれる状態です。


バリア機能が低下する原因は、色々考えられます。

紫外線をたくさん浴びてしまったり、季節の変わり目に乾燥したり、といった外的な原因も大きいでしょう。また、ストレス睡眠不足食生活の偏りといった生活スタイルの問題も見逃せません。さらに、最近では、花粉PM2.5なども原因の一つといわれています。


昔は、敏感肌の人は、なかなか自分に合った化粧品を見つけることができず、諦めていた人も多かったのですが、近頃はどの化粧品メーカーも敏感肌対策に力を入れています。敏感肌は放っておくと、さらに乾燥が進んだりして、状態を悪化させることも多いようです。


ラインナップされたたくさんの化粧品の中から、自分の肌にピッタリの物が見つけられると良いですね。

専門家一押しのオススメ敏感肌用美白化粧品は…

専門家がオススメする 敏感肌が使うべき美白化粧品ランキング1位小林製薬  ヒフミド 小林製薬 ヒフミド


ヒフミドのオススメポイントは…

①3種類のセラミドでお肌を整える
②高い保湿力で乾燥しがちな敏感肌に潤いを与える
③肌のターンオーバーを活性化し、くすみやシミを薄くしていく

トライアルセットはこちら